禁煙したいけど自力ではなかなか難しいですよね。そんな方のために禁煙補助剤があります。健康な体を取り戻すためにも、禁煙補助剤を上手に活用して禁煙を成功させましょう。

水蒸気を利用した禁煙補助剤の経過は尿で調べる

禁煙補助剤を利用した禁煙方法は非常に理にかなっていると言えます。そもそも、禁煙をするときには段階を踏んで治療することが鉄則です。一気に禁煙をしてしまうと身体に対して過剰な負担がかかってしまうのでよくありません。
禁煙補助剤の中には、ニコチンやタールを微量に含んでいるものから口を含まずに水蒸気をかぐような薬も存在します。こうした水蒸気的なものをかいで禁煙をする方法は実は既に数十年も前から実践されています。
基本的に、禁煙をしているときには口の中にタバコとは別の何かを入れておくべきです。禁煙専用のガムであるのならばガムの中にニコチンやタールを微量に含ませていますので、それがタバコの代わりとなります。
タバコを吸っている人の多くは、禁煙をし始めた数日から1週間程度でいわゆる禁断症状に襲われます。このときに無理をしてしまうと症状がぶり返して余計にタバコをすってしまうこともありえます。この症状はダイエットのリバウンドと非常に似ています。
そのため、禁断症状が現れないようにニコチンやタールの量を減らしながら禁煙をするのが基本で、そのためには薬としてガムや水蒸気を利用して擬似的に煙を吸っている状況を作ればよいだけなのです。
幸いにも、禁煙補助剤の中には水蒸気やガムを利用した方法が豊富に存在します。症状が和らいできたかどうかは尿を確認するなどして簡単に判断できるため使用量の変化は医師と相談できなければ尿の状況を見て判断するようにしましょう。
タバコを吸っていると尿の中に不純物が含まれるようになり、禁煙が進んでいくと若干頻尿気味になります。そのような症状が続くと禁煙が成功していることを意味するので、水蒸気の量を減らすと良いのです。