禁煙したいけど自力ではなかなか難しいですよね。そんな方のために禁煙補助剤があります。健康な体を取り戻すためにも、禁煙補助剤を上手に活用して禁煙を成功させましょう。

禁煙補助剤でニコチンを除去する12週間の治療期間

たばこの害はニコチンによる中毒症状であることがわかっており、健康被害をもたらすものと知られています。
そのために喫煙による健康被害を受けないためには、ニコチンを除去することが大切です。
現在では禁煙を行うために医療機関において禁煙外来などが設けられており、禁煙治療が受けられるようになっています。
医療機関では禁煙補助剤を使用した治療法が多くなっており、従来までのニコチン製剤を使用した治療法とは異なり、ニコチンを除去することができる方法となります。
禁煙補助剤であるチャンピックスにはニコチンが含まれておらず、ニコチンを摂取することなく禁煙効果が得られる治療法と言えます。
禁煙補助剤のチャンピックスには、ニコチン受容体と結合する作用があるために、一定程度のドーパミンを放出することが可能となり、離脱症状の苦しみを軽減できる特徴があります。
切望感や離脱症状を感じないようにニコチンを除去することが可能で、少しずつたばこの本数を減らすことができます。
喫煙を行った場合であっても、チャンピックスが受容体と結合しているために、たばこによる満足感を得ることができなくなり、禁煙しやすい状態にすることができます。
医療機関での禁煙補助剤を使用した治療によって、効果が得られるようになるには12週間の期間にわたって治療を継続する必要があります。
禁煙治療を継続する期間については、医師に相談することなく中断しないことが効果を得るために大切なことになります。
自己判断によって治療期間を変えてしまうと、禁煙を失敗する確率が高くなります。
初回の治療のみで断念した人の禁煙率は6.5%ですが、12週間の期間にわたって継続したときには50%近い成功率を達成しています。